造園技能士とは、造園、建設、土木、環境緑化系の仕事をする際にあると有利になる資格です。

ガーデニングをする人にもおすすめの資格ですね。

その資格を通信教育で取得する際の注意点とは。

造園(造園技能士)の通信教育で資格を取る際の注意点


造園技能士の資格はマイナーな資格ではありますが、取得すると会社によっては評価がアップして給料やポストが上がることもあるようです。

もちろん技術をマスターして能力を磨けば独立してフリーで仕事をすることもできるようになります。

造園技能士のおすすめポイント

  • 資格取得で給料やポストを上げたレベルアップにつながります。
  • 独立、自営が可能で、マイペースに仕事をすることができます。
  • ボランティアやサークル活動に活かせます。

造園(造園技能士)の通信教育の注意点

特にこれと言って特別なことはありませんが、この資格の通信教育、通信講座が少ないのです。

現在はユーキャンくらいしか取り扱っていないと思います。

造園技能士 試験ガイド

資格区分:国家資格
受験資格:級ごとに、以下のうちいずれかの条件を満たしている場合に受験が可能

<3級 >

・ 半年以上の実務経験がある方
・ 学校で造園に相当する学科を現在専攻している、あるいは修了した方 ・ 造園の職業訓練を現在受けている、あるいは修了した方

<2級>

・ 2年以上の実務経験がある方
・ 学校で造園に相当する学科を修了した方
・ 造園の職業訓練を終了した方
・ 3級に合格した方

<1級>

・2級合格者の場合 : 5年以上の実務経験者
・1級直接受験の場合 : 12年以上の実務経験者
但し、関連学科の高校・大学・専門学校等を卒業した者は、年数が短縮される場合がある。

 

試験科目

◆学科試験:正誤法の試験で、庭園および公園・施工法・材料・設計図書・関係法規安全衛生の6科目から出題されます。
◆実技試験:試験内容と実施要領は前もって公表。出題範囲は平面図の作成、地割り、庭木等の選定(2級は庭石等の選定も含む)、造園工事の施工、玉掛け。

試験時期    各都道府県ごとに年1回

問合せ先    各都道府県の職業能力開発協会