ヒーラー 最高の恋人をDVDを買わずに見る方法。あらすじとキャストもご紹介

DVDを買わずにスマートフォンでヒーラー 最高の恋人を見る方法があったら、と思いませんか?

あらすじ、キャストとともにご紹介します。

ヒーラー 最高の恋人をDVDを買わずに見る方法。あらすじとキャストもご紹介


結構な話題作だったヒーラー 最高の恋人なので、とりあえず観ておかないと、と思っていたと思いますが、ヒーラー 最高の恋人をスマートフォンで観ることができるオンラインでの動画配信サービスという方法があるので、ご紹介します。

iPhoneなどのスマホ、iPadなどのタブレットで観れるというのは大きなアドバンテージになります。

この配信サービスはinternetにつながった端末からドラマや映画などを観ることができる話題のサービスのことでさまざまな会社が提供し始めています。

ヒーラー 最高の恋人が観たければおススメしたいサービスです。

スマホなどの端末だけで利用できるサービスなので、レンタルビデオ店に行く手間や延滞料を取られて高くついちゃうなんてこともありません。

しかも、お試し期間でサービス内容を確認することができるので、やっぱりやめたと、ということもできます。

一旦、ヒーラー 最高の恋人を観るために始めてみて解約することもできるということです。

無料期間中でも解約できるというのも動画配信サービスのうれしいところです。

こちらからお試し無料の申し込みができます。


ヒーラー 最高の恋人とは?

闇の便利屋が彼女を守る!ときめきいっぱいの甘くて危険なピュアロマンス

チ・チャンウクの魅力が炸裂した一作。敵をなぎ倒す迫力のアクションや変装してのかわいい年下男子ぶりなど、多彩な魅力が満載。胸キュンのロマンスシーンにも注目だ!

ストーリー

悪を始末する闇の便利屋“ヒーラー”のジョンフはある女性の捜索を依頼される。見つけ出したのはインターネット新聞の記者ヨンシンで、彼女はヒーラーに憧れその正体を探っていた。一方、捜索を依頼したスター記者のムンホはヨンシンに関する秘密を抱え…。

各回のダイジェスト

  • 第1話
    闇の便利屋「ヒーラー」ことソ・ジョンフ。彼には無人島を買うという夢がある。一方、芸能記者として日々スクープを追っているチェ・ヨンシンは、いつかは憧れのキム・ムンホのような記者になりたいと願っていた。
  • 第2話
    ムンホの依頼でヨンシンに近づいたヒーラーは、勘の鋭いヨンシンを相手に苦戦するが、DNA鑑定のための検体サンプルを入手。99%親子に間違いないとの鑑定の結果を聞いたムンホは、ヒーラーに追加の依頼をする。
  • 第3話
    助けたヨニを家に連れて帰ったヨンシンは父親に事情を説明し、彼女を家に置いてもらう。そんな中、ヨンシンの家に忍び込んだヒーラーは彼女の所持品を調べる。一方、ムンホはスソンの件で番組を降板させられる。
  • 第4話
    ヒーラーは正体をいつわってヨンシンの新聞社で働き始めた。ヨンシンは性接待の記事を投稿するため部長に許可を得ようとするが却下される。一方、ムンホは言論界の大物たちから政界への進出を勧められる。
  • 第5話
    サンス組に襲われたところをジョンフに助けられたヨンシンだったが、その正体には気付いていない。ファン・ジェグク社長の記事を書くなら最後までやり遂げろと部長に言われたヨンシンは、取材の続行を決意する。
  • 第6話
    ファン・ジェグクの家へ取材に訪れたヨンシンは暴行されそうになるが、ヒーラーのおかげで脱出する。ヒーラーはその足でサンスを追い、秘密について聞き出す。一方、ヨンシンはヨニが指名手配されていることを知る。
  • 第7話
    ヒーラーは周りの引き止めにもかかわらず、ムンシクに会うとの決心を変えずサムデーに出勤し続ける。一方、ムンシクはミンジェからヨンシンの話を聞き、ヨンシンが養子であるかどうかをサンスに調べさせる。
  • 第8話
    ミョンヒはヒーラーを若き日のジュンソクだと思っていた。そんな中、ヒーラーに、師匠のヨンジェが会おうと言ってくる。一方、ヨンシンは、ムンホのパソコンにヒーラーからメールが届いたのを見て衝撃を受ける。
  • 第9話
    ムンホは、落ちるエレベーターからヒーラーによって救出されたヨンシンを家へ連れていく。これをムンシクの仕業だと誤解したムンホは彼を問い詰める。一方、ヒーラーは何者かが細工をしたことに気付いた。
  • 第10話
    変装してキム議員の記者会見に忍び込んだヨンシンたちはファン・ジェグクとチュ・ヨニについての質問に成功。これによりサムデーのニュースは大きな話題を呼ぶ。一方、ヒーラーはボンスとしてヨンシンに告白した。
  • 第11話
    パク・ボンスがヒーラーだと知ったムンホは「ジュンソクは殺人犯ではなく殺人の容疑者だ」と明かし、ジュンソクの濡れ衣を晴らすことに協力すると言うが、ヨンシンがジアンだということは隠して死んだとうそをつく。
  • 第12話
    父の資料を閲覧するために本名を名乗ったゆえに、ジョンフは身柄を拘束される。そこにオ秘書が現れ、彼をムンシクの所に連れていく。そこでヨンシンがジアンだと知ったジョンフは、ムンホの元へ急行して問い詰める。
  • 第13話
    ヒーラーはビルの屋上でヨンシンに発見され、病院に運ばれた。ヨンシンはボンスがヒーラーだということに気付いて涙を流す。一方、ヒーラーを助けてサンス組に捕まった師匠のヨンジェはムンシクを呼ぶ。
  • 第14話
    師匠の死にショックを受けたヒーラーはムンシクを殺すことを決意。ミンジャはムンホに電話をし、ヒーラーを止めてくれと頼む。一方、ムンシクの記事を見たヨンシンは、ミョンヒに会いたいとムンホに相談する。
  • 第15話
    師匠の敵を討ちたいヒーラーは、ボンスではなくジョンフとして初めてヨンシンの前に現れた。ヨンジェに毒を盛った実行犯がパク・ギジョンという刑事だと知ったヒーラーは彼の家に忍び込み、証拠品を見つける。
  • 第16話
    ムンホから実の母親が生きていると聞かされたヨンシンは大きなショックを受ける。一方、ジョンフは父親の陳述内容を調べるため、1992年当時に陳述を聞いたパク・ドンチョルという元刑事を捜すのだが…。
  • 第17話
    陳述が録音されたテープがあると聞いたジョンフは、ドンチョルが最後に残したメッセージと関係があると思い調べ続ける。一方、娘だということを隠してミョンヒに会いに行ったヨンシンは、そこである真実を知る。
  • 第18話
    ジュンソクの陳述が録音されたテープを聞いたムンホは、そのことをジョンフに話す。ヨンシンとの交際に何の障害もなくなったと分かったジョンフは、師匠の遺言もあり、普通に暮らしたいとヨンシンに打ち明けた。
  • 第19話
    ムンホとヨンシンを拉致した御大は、ジョンフにある情報を見つけることとドンチョルを殺した犯人だと名乗ることを要求し、それを撮影。さらに、自分の手下にならなければこの動画を警察に渡すと脅迫した。
  • 第20話
    御大はヨンシンの家に手下を送り込むが、ジョンフが現れて一掃される。ジョンフはヨンシンを守るためチスのカフェを拠点にし、ムンホを裏切って御大に付いたように見せかけ、反撃の準備を始めた。

キャスト・スタッフ

  • チ・チャンウク
  • パク・ミニョン
  • ユ・ジテ
  • パク・サンウォン
  • キム・ミギョン

当ブログで紹介している作品は、記事投稿時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする