家売るオンナ(家売る女)の動画をDVD以外で観る方法

話題になっていた「家売るオンナ」の動画をDVD以外で観たくありませんか?

家売るオンナはかなり話題になった作品なので、観てないと話についていけなかったりすると思いますが、その家売るオンナをスマホで観れるおススメの動画配信サービスがあるので、ご紹介します。

スマホで観れるというのはかなりうれしいところです。

オンデマンドの動画配信サービスはネットにつながったスマホなどから映画をはじめテレビドラマやアニメなどを観れる驚きのさーびすのことでいろんな会社がこぞって参入しているホットなサービスです。

家売るオンナを見るのであれば是非おススメできるサービスです。

もちろんオンラインなので、レンタルビデオ店に行く手間や延滞料を取られて高くついちゃうなんてこともありません。

さらに、お試し無料サービスがあるので、無料期間のみでやめることもできます。

ともあれ家売るオンナはとりあえず視聴してみてやめてしまうこともできるわけです。

金銭的な負担感が少ないというのも消費者にはうれしいサービスですね。

最新の情報はこちらから

おススメできるサービスです。

家売るオンナとは?

常識に縛られないスーパー不動産屋が独自の哲学で家を売りまくる!

北川景子演じる三軒家万智の豪快なキャラクターが爽快。共演に仲村トオル、工藤阿須加、イモトアヤコほか。脚本は「セカンドバージン」「家族狩り」などの大石静。

ストーリー あらすじ

東京オリンピックを控え、熾烈な住宅売買競争が繰り広げられている東京。そんな中、「私に売れない家はない」と断言する不動産屋のスーパー営業ウーマン・三軒屋万智が、客の人生最大の買い物を、ある時はダイナミックに、ある時は感動的に演出して家を売る。

各話 あらすじ

第一話
中堅不動産会社・テーコー不動産。営業課長の屋代大は戦力にならない課員の売り上げに頭を抱えていた。そんな中、前の店舗の売り上げを2倍にした美人のやり手営業ウーマン・三軒家万智が異動してくる。

第二話
住み替えを希望する60代の城ヶ崎夫婦を担当する庭野。だが、なかなか家を売れない彼女についてきた万智は、城ヶ崎夫婦が本当に2人暮らしなのか疑問を抱く。そして、突然「火事だ~!」と叫び暴れ回るが…。

第三話
万智の活躍により、売り上げが上がったテーコー不動産新宿営業所。ある日、万智は歯科衛生士・夏木桜からマンションを売りたいと相談を受ける。時を同じくして、保坂博人から一軒家を売りたいと頼まれるのだが…。

第四話
カリスマ料理研究家・沢木峰乃に高級マンションへの住み替えを提案した屋代。峰乃は話を聞く代わりに、自身が主催する婚活料理教室への参加を頼む。メンバーが見付からず途方に暮れていると、万智が参加を希望する。

第五話
庭野はフリージャーナリストの独身女性・日向詩文を担当し、出版社で働く独身OL・草壁歩子の担当を万智がすることに。ところが、万智の客・歩子が申し込みを進めようとしていた物件を詩文が気に入ってしまい…。

第六話
万智の登場で新宿営業所トップの座を奪われ苛立ちを感じていた足立は、保険会社からヘッドハンティングを持ち掛けられる。そんな中、かつて家を売った老舗和菓子屋の頭首・宮澤和之が足立の下を訪れるが…。

第七話
ダメ社員・白洲美加の母・貴美子が新宿営業所に押しかけてきた。どうやら夫が浮気したため、離婚して家を売り払いたいという。騒ぎを聞いていた万智は、美加の実家を取り壊し土地のみにして自分が売ると宣言する。

第八話
新宿営業所に屋代の元妻・理恵がやって来て、2度目の離婚で慰謝料代わりにもらった家を売却して欲しいと頼む。一方、お天気お姉さん・前原あかねを担当する足立はテンションが上がるが、空回りばかりで…。

第九話
二世帯住宅の売却を担当する万智は、行きつけの餃子屋で働き始めたナイジェリア人・ビクトルから恋人と住む家を探してほしいと頼まれる。ビクトルの恋人は、庭野と足立が家探しに難航していた客・雨宮の長女だった。

第十話
バー「ちちんぷいぷい」の入っているビルの取り壊しが決まり立ち退きを迫られたと、こころが屋代を頼ってやってくる。屋代たちが空きテナントを埋めようと奔走する中、庭野が万智が異動するといううわさを聞き…。

キャスト

(三軒家万智) 北川景子
(庭野聖司) 工藤阿須加
(足立聡) 千葉雄大
(白洲美加) イモトアヤコ
(八戸大輔) 鈴木裕樹
(室田まどか) 新木優子
(宅間剛太) 本多力
(珠城こころ) 臼田あさ美
(布施誠) 梶原善
(屋代大) 仲村トオル

当ブログで紹介している作品は、記事投稿時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする