瑛太の弟、永山絢斗主演の”モザイクジャパン”の感想、評判は?

永山絢斗さんと言えば俳優瑛太さんの弟というのは知られていると思いますが、最近はNHKの朝の連ドラ ぺっぴんさん にも坂東紀夫役として出演していて、結構注目され始めてきています。

その永山絢斗さん主演のドラマ「モザイクジャパン」を気になっている人も多いかと。

モザイクジャパンをスマホで観れる方法があったら観てみたいですか?

瑛太の弟、永山絢斗主演の「モザイクジャパン」の感想、評判は?


面白いと評判のモザイクジャパンなので、前々から観よう、観ようと思っていたと思いますが、割と安くスマホで視聴することができる動画サービスがあるので、ご紹介します。

スマホだけでなくタブレット、PCでも観れるというのは重要なポイントですね。

スマホで動画などを観れるサービスはinternetにつながった端末から映画やアニメなどを視聴することができる動画配信サービスのことで様々な会社がサービスを開始してきています。

映画などを観たいのであれば活用したいサービスです。

internet上でのサービスなので、GEOなどに行く手間やレンタル中で借りれないという心配も不要です。

おまけに、うれしいお試しサービスがあるので、いまいちという場合はやめることもできます。

とにかくモザイクジャパンは観てみてから解約してしまうこともできなくないわけです。

無料期間中でも解約できるというのも動画配信サービス大きなメリットというわけです。

最新の情報はこちらから

要チェックですよ。

モザイクジャパンとは?

セックス産業で潤う田舎の街を舞台にした社会派エンターテイメント。WOWOWで放送された連続ドラマ。

NHK朝の連ドラに出演している永山絢斗が主演です。

「Woman」「最高の離婚」などの坂元裕二が脚本を務め、AV業界を真正面から活写。深い人間心理や社会問題が盛り込まれた意欲作で、R15+指定相当の過激な物語が展開される。

ストーリー

東京の証券会社をリストラされた理市は、故郷で再就職を果たすが、働き始めたところは何とAVメーカーだった。職場には短過ぎるスカートの制服を着た美女ばかり。理市はその中でひときわ純粋さやかわいさを放つ桃子が気になるが、彼女たちは実はAV女優だった。

各話あらすじ

第1話
東京の証券会社をリストラされた常末理市は帰郷し、GALAXYZに再就職する。若き社長・九井が率いるこの会社は、何とアダルトビデオを中心とした事業を手掛ける新鋭企業で、社内のOLたちもAV女優だった。

第2話
故郷の町全体がGALAXYZグループに巻き込まれて変わってしまい、怒りと戸惑いを覚える理市。家族や友人、恩師、そして桃子に対し、目を覚ましてほしいと彼は懇願する。ある日、理市は九井社長に呼び出される。

第3話
無修正AVサイト会社の社長に任命された理市は、周りの環境の急変に戸惑っていた。しかし、桃子から媚を売られるようになり、心地よさも感じていた。そんな中、AVスカウトマンの根室からある話を持ち掛けられる。

第4話
桃子の九井社長との過去の話を聞いた理市は、九井に対し、男としてもビジネスマンとしても嫉妬心を強く抱き、AV業界にのめり込む。一方で桃子にAV女優をやめさせ、アイドルとして成功させようと躍起になる。

第5話
警察がスカウトマンの根室に出頭を求めたことで、自身の立場も危うくなった理市は自暴自棄になる。そんな時、理市はパンツを下ろした桃子と九井社長に遭遇してしまい、怒りに任せて九井に殴り掛かり…。

キャスト

(常末理市) 永山絢斗
(木内桃子) ハマカワフミエ
(前田美織) 宮地真緒
(森岡雅人) 崎本大海
(東 陽佳) 木村智早
(高松優衣) 黒木桃子
(生田歩美) 愛奏
(鹿嶋沙希) 神崎沙織
(根室光太郎) 土屋裕一
(三崎友梨香) 立石純子

当ブログで紹介している作品は、記事投稿時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする