真昼の悪魔の最終回はどうなった?あらすじ、キャストを動画を観ながら振り返る

話題の真昼の悪魔をスマホで観たくありませんか?

真昼の悪魔はかなり話題になった作品なので、とりあえず観ておかないと、と思っていたと思いますが、その真昼の悪魔をスマホで観れるサービスがあるのでご紹介します。

真昼の悪魔の最終回はどうなった?あらすじ、キャストを動画を観ながら振り返る

スマホで観れるというのは助かりますよね。

オンデマンドの動画配信サービスはネット接続可能な端末から映画、ドラマ、アニメなどの動画を観れる驚きのさーびすのことで様々な企業が提供しているサービスです。

映画、テレビドラマなどの動画を視聴したいのであればぜひともお勧めしたいサービスです。

iPhoneなどのスマホだけで完結できるサービスなので、レンタルショップへ行く手間やレンタル中で借りれないという心配も不要です。

また、無料のお試し期間があるので、無料期間だけ使ってみて本契約はしないという選択もできます。

いずれにしても真昼の悪魔は無料で観たうえでキャンセルすることもできます。

お試し感覚で申し込みができるのも大きな売りになっています。

無料お試しはここから

是非確認してみてくださいね。

真昼の悪魔

その悪意は、白衣を着て訪れる・・・・

突然現れた隣人が、ごく普通の家族を崩壊させたオトナの土ドラ第一弾「火の粉」のスタッフ再集結!身近に潜む恐怖に震えて眠る、今度の舞台は「病院」!

ストーリー、あらすじ

とある教会のミサで神父は言う。「悪魔は埃(ほこり)に似ています。誰も気づかぬうちに、目立たずそっと忍び込み、たまっていくのです。みなさんの心の中に・・・」

各話あらすじ

第一話 衝動
関東の病院で医師として働く大河内葉子。彼女のもとに小説家志望の青年・難波聖人が腹部の痛みを訴え運ばれてきた。すぐに急性虫垂炎だと診断し、テキパキと処置をしていく葉子。激痛に耐える難波の顔を両手で優しく包み、笑顔を見せる。

第二話 実験
老女が謎の死を遂げた。教会の懺悔室にやってきた葉子は、神父に心情を吐露。人の苦しむ姿が生きている実感を与えてくれると話す葉子が、悪魔に支配されていると感じた神父は、救いへと導く道しるべになると、聖書を学ぶよう諭す。

第三話 命日
教会の懺悔室で父親の殺害を予告した葉子は、連日父の徳広のために料理を作るように。ある日、葉子が台所で料理をしていると、徳広が何気なくつぶやく。「今度の土曜、母さんの命日だな」。

第四話 背信
葉子の父・徳広は他界した。その死について疑問を持つ難波だったが、結局葉子による手術を受けることに同意する。手術室で麻酔をかけられた難波は薄れ行く意識のなか、葉子から衝撃の事実を明かされる。

第五話 挑発
葉子が勤務する病院に神父が人間ドックの申し込みにやってきた。葉子は神父に対し、これからは自分らしく生きることに決めたと宣言する。そして、愛を説く神父への強い反発から対立を深めていく。

第六話 復讐
ある日病院に、我儘で尊大な老人男性が診察に訪れる。葉子はすぐに、この患者が婚約者の大塚の父親だと見抜く。大塚の父親も、包み隠さずはっきり物をいう葉子を気に入り、葉子を担当医にして入院することを決める。

第七話 挑戦
葉子への復讐を誓う難波は、神父のもとを訪れ協力を要請する。そして計画実行のため、自ら心療内科の病室に戻った。そんな折、病院には匿名の告発文が届く。

第八話 贖罪
葉子は大塚と結婚し、一人娘をもうけ、富士山のふもとの町で小さな診療所を開き、医師を続けていた。葉子は3年前、難波が吉田に託したICレコーダーが病院内で公になり、解雇されていた。

キャスト

(大塚光) 大倉孝二
(神父) 伊武雅刀

当ブログで紹介している作品は、記事投稿時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする